もの・ことの本質をみんなで考える場所

出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと

Card image cap

著者: 花田 菜々子

出版社: 河出書房新社

 学生の頃、誕生日プレゼントに本をもらった。「この本、あなたに面白そうだと思ってもらえそうだから」と言われ渡された。最初はきょとんとしてしまったが、どんな思いでこの本を紹介してくれたのだろうと考えて読書することは、違った面白さを与えてくれた。
 著者は、仕事が面白くない、夫と別居というどん底であった。新しい自分になって元気になりたいと思っていたとき、出会い系サイト「X」に出会う。プロフィールは具体的にひっかかるポイントがなければと思い、『本屋の店長をしています。今のあなたにぴったりな本を一冊選んでお勧めさせて頂きます』と書き、出会い系サイトで会った人に本を紹介する旅が始まった。出会い系サイトと聞くと、男女の関係を求めるだけだと思いがちである。しかし著者は、「相手の人生のダイジェストを30分で聞いて、こちらの人生のダイジェストを30分で伝える場」として人に出会い、その人に合う本を紹介していった。その中で、仕事とお金と好きなことの関係性や新しい場への馴染み方などを学んでいった。少し勇気を出して違う扉を開ければ、そこには様々な出会い、学びがあることを教えてくれる。
 読書感想文の話をするとときどき、なぜ本を読む必要があるのか。と問われることがある。知識が得られて、自分の人生に役立つと最もらしいことを言ってきたが、他のものでいいのではと密かに思っていた。しかし著者のように、本を紹介して人と出会う。そして、学びを得る。そんな読書法が知れて、より読書の必要性を実感した。

過去の読書感想文の一覧はこちら
https://www.philosophy-ch.com/book

written by 左利きは僕のあこがれ